ボルトエンジニア(株)

過去1ケ月の受注ニュース

①ナットの振動緩み試験M36:

テンションナットの振動緩み試験をM36で実施しました。M36を目一杯締め切りますと、緩めるには家を「揺らすくらい」の振動が必要。試験の為に家を何軒も潰す訳には行きません。M8程度のボルトで代行してお茶を濁すのもよくやる手ですが、少し良心が咎めます。それでM36へ比較的弱い(=1.7kg)「打撃で連続」して叩いてみる事にしました。一分間に2900回の割で叩きましたよ、結果は:
http://www.tension-nut.jp/products

②最近の受注ニュース:

・M85 × 1ケ × 軸力300kN
振動試験機メーカーM電子様
・M80 × 64ケ × 軸力2000kN
振動機メーカーT社様
・M64 × 8ケ × 軸力1230kN
プレス機械メーカーY社様
・M16 × 2ケ × 軸力55kN
振動機メーカーK社様

テンションナットはこんな処へ使います

軸力管理の出来るセルフロックナットなので、振動で緩みません。大型コンプレッサー・プレス機械や鍛造プレス・射出成型機の往復動する部分に最適です。砕石機械やクラッシャーの回転軸を止めるナットの打撃スパナ作業を失くせます。

もう緩まない!ナット型ボルトテンショナー テンションナット® 動力工具の要らない軸力管理ナット

ハンドトルクレンチ一本で、正確にボルトの軸力管理が出来ます!
動力不要で、高額な油圧レンチも油圧式ボルトテンショナーも要りません。

テンションナット®についてのお問い合わせはこちら

総販売元
株式会社日本プララド
TEL:0120-500-207
メールアドレス:info@bolt-engineer.net

総販売元
株式会社日本プララド
TEL:0120-500-207
メールアドレス:info@bolt-engineer.net

テンションナット®についてのお問い合わせは、電話・メールフォームから受け付けております。
製品についてご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ